医療脱毛でおすすめのレーザーとは

医療脱毛でおすすめのレーザーとは

医療機関で脱毛を行う際にはレーザー脱毛を使用するのですが、一言でレーザーといっても、その種類はいくつかあり、それぞれに異なる特徴があります。

ですので、どの部分を施術したいのかや、毛の質や状態、肌の質や状態によってもおすすめできる医療機関は異なります。ここでは、それぞれの機器のメリットやデメリットをお伝えしていきます。

まず日本の医療機関で最も多く使用されているのがダイオードレーザーになります。このレーザの特徴はレーザーの波長が日本人の肌にあっていて、負担を最小限にして、脱毛を行うことができます。また産毛にも効果がありますので、幅広く活用される機器となります。

次にわきの毛やVIOなどの太く濃い部分の毛を施術したいという方におすすめなのがヤグレーザーになります。このヤグレーザーは色素に反応しにくいという特徴がありますので、日焼けをした肌にも使用することができますが、逆に産毛などの薄い毛にはあまり効果がないのがデメリットになります。

次にアレキサンドライトレーザーは波長が他の機器に比べて短く、メラニン色素に反応する機器になります。その為シミやアザの治療にも使用されていて、現在でも多くの医療脱毛安い医療機関で使用されている機器になります。

3つのレーザーを紹介してきましたが、それぞれ痛みや効果のある毛のタイプが異なりますので、自分の肌や毛の質を理解して、自分に合っているレーザーの機器を選ぶようにしてください。

Comments are closed.